JA

EN

2022.01.27

VOCALOIDで遊ぼう!「かえるの合唱」でボカロ体験 〜第1回 データ入力初歩〜

この記事と動画の連動コンテンツは、これからボカロをはじめてみたい、VOCALOIDに興味があるというみなさんに、VOCALOIDの楽しさを体験してもらえるように作りました。

第1回では、「かえるの合唱」をVOCALOID5で作ってみます。VOCALOID5の体験版だけで遊べるようになっていますので、お気軽に遊んでみてください。

 

VOCALOID5 無料体験版のダウンロードはこちらから

VOCALOID5 無料体験版のダウンロード

 

また、Windows/macごとにダウンロードしてからVOCALOID5の起動までの手順はこちらの記事にまとめております。

インストールがまだお済みでない場合は、まずこちらの記事をご参照ください。

インストール手順(Windows) インストール手順(mac)

 

 

 


目次

  1. パソコンの音を聞けるようにしよう
  2. VOCALOIDの基本的な仕組み
  3. 鍵盤を押して音を出してみましょう
  4. 実際にデータを打ち込んでみましょう
  5. 残りのメロディを入力しましょう
  6. 歌詞を入力してみよう

1. パソコンの音を聞けるようにしよう

VOCALOIDはパソコン用のソフトウェア。パソコンから音が出ないとVOCALOIDの音を聞くことができません。

パソコンにイヤホンなど音を聞くことができる機器を接続し、音が聞けるようにしてください。

パソコンのイヤホン端子にイヤホンを接続

※オーディオインターフェースという機器があると高音質で音楽制作を楽しむことができます。

 

2. VOCALOIDの基本的な仕組み

VOCALOIDで遊ぶ前に、仕組みについて知っておきましょう。

VOCALOIDでは、データを入力するためのソフトウェア「エディター」と、

VOCALOIDの声が詰まったソフトウェア「ボイスバンク」を組み合わせて使用します。

 

VOCALOID5無料体験版には、「VOCALOID5 Editor」というエディターと「Ken」という日本語男性ボーカリストのボイスバンクが付属しています。

 

3. 鍵盤を押して音を出してみましょう

VOCALOIDだけでなく、音楽制作でデータを入力する作業は「打ち込み」と呼ばれます。

ここでは「かえるの合唱」を打ち込んでいきます。メロディを覚えているとスムーズに進められますので、楽譜を見て「かえるの合唱」を思い出しておきましょう。

楽譜

 

「かえるの合唱」では、4分音符という長さの音と、8分音符という長さの音を使います。

8分音符の長さは4分音符の半分、ということだけ覚えておけば大丈夫です。

 

VOCALOID5を起動するとウインドウが表示されますので、[NEW PROJECT]を選びましょう。

 ※VOCALOID5の起動方法

   Windows : スタートメニューから

   mac : ドック内のアプリケーションから

VOCALOIDでは曲のことを「プロジェクト」と呼びます。ですから、NEW PROJECTというのは新しい曲を作り始めるということです。

ここではNEW PROJECTを選ぶ 

 

以下のような画面が開き、自動的にボイスバンク「Ken」が読み込まれています。

横の1行(赤枠)は「トラック」と呼ばれます。

横の行がトラック。ひとつの音でひとつのトラックになる。

 

トラックの下辺(赤丸の部分)にカーソルをあわせるとカーソルが変化し、高さを変更できます。

もしくは、画面右下の+/-(赤矢印)を使って高さを変更できます。

拡大縮小の方法

 

トラックの薄い青色の部分をダブルクリックで選択すると、鍵盤のある編集画面「MUSICAL EDITOR(ミュージカルエディター)」が開きます。

選択したパート

 

左端の鍵盤を押して音を出してみましょう。

メロディのとおりに「ドレミファミレド」と鍵盤を押してみてください。Kenが押したとおりに発音してくれます。

MUSICAL EDITORと鍵盤。鍵盤を押してみよう

 

鍵盤を押して演奏するのではなく、何回再生しても同じように歌ってくれるようにデータを入力してみましょう。

 

4. 実際にデータを打ち込んでみましょう

[TOOL]から[鉛筆ツール]を選択してください。

また、画像の赤枠の部分の表示が[1/8]になっているか確認してください。なっていない場合はクリックして表示される選択肢から[1/8]を選択してください。

 

鉛筆ツールを選択し、1/8になっているか確認する。 

 

最初の音「ド」を入力します。

マスひとつで8分音符の長さですので、4分音符とするためにマス2つを使って音を入力します。

「クリックして伸ばして離す」動作で入力ができます。画像を参考に入力してみましょう。

ドの行に入力。C3のCはドという意味。

 

続いて以下の画像のように「ドレミファミレド」と入力しましょう。

ド、レ、ミ、ファの行に入力していこう。

 

入力できたら聞いてみましょう。再生ボタン、またはパソコンのスペースキーで再生ができます。

画面上部、CONTROLの三角マークが再生キー。

 

 

いかがでしょうか。Kenが入力した通りに歌ってくれたと思います。

この調子で残りのメロディを打ち込んでみましょう。

 

5. 残りのメロディを入力しましょう

次のメロディは「ミファソラソファミ」です。

以下の画像のように入力しましょう。

先程入力したデータに続いて入力しよう。

 

次の2小節はリズムが変わります。

 

長さは4分音符のままですが、4分音符の後に同じ長さのお休み(4分休符)が入ります。

休符の部分は何も入力しなければ休符になります。

音は「ドドドド」です。以下の画像を参考に入力しましょう。

1-2 / 3-4小節目とは異なるリズムなので注意。

 

次の7小節目では音の長さが変わります。

4分音符の半分の長さの8分音符で「ドドレレミミファファ」というメロディです。

 

4分音符はマスふたつでしたが、8分音符ではマスひとつになります。

最後はまた4分音符に戻って「ミレド」です。以下の画像を参考に入力しましょう。

8分音符はマスひとつ分の長さ。

 

メロディがすべて入力できたので、再生してみましょう。きっとKenが入力した通りに歌ってくれます。

 

6. 歌詞を入力してみよう

初期設定では「あ」という歌詞になっています。

味気ないので、歌詞を入力してみましょう。

 

最初の音を選んで右クリックからメニューを表示し、[歌詞の流し込み]を選択してください。

右クリックからメニューを表示   

 

[歌詞の流し込み]ウインドウが表示されました。

入力はひらがなでもカタカナでも大丈夫ですが、漢字には対応していません。また、改行はしてもしなくても大丈夫です。

今回は以下の歌詞を入力してみましょう。

 

ドレミファミレドミファソラソファミドドドドドドレレミミファファミレド

 

入力したら[OK]をクリックします。

歌詞を入力したらOKをクリックしよう

 

すると音符に歌詞が自動的に割り振られます。

入力したデータの下の歌詞の表示が変わったのが確認できる。

 

再生すると、「あ」ではなく入力した歌詞でKenが歌ってくれます。

また、歌詞入力においては、ひとつの音をダブルクリックすることで音ひとつずつ歌詞入力することも可能です。

 

いかがだったでしょうか。

音楽の詳しい知識や高額な機材が最初はなくても、パソコン1台だけでVOCALOIDをはじめることができます。

 

次の第2回の記事(動画)では、入力したデータの調整を行っていきます。ぜひ次の記事もご覧ください。

 

第2回 歌の表現チャレンジ