JA

EN

2022.02.09

VOCALOIDで遊ぼう!ボカロに歌わせてみた編 〜第4回 オフボ音源とボカロを合わせよう〜

この記事と動画の連動コンテンツは、これからボカロをはじめてみたい、VOCALOIDに興味があるというみなさんに、VOCALOIDの楽しさを体験してもらえるように作りました。

第4回~第6回では、第3回までの内容を受けてのステップアップ編です。

曲のオフボ(カラオケ)データを用いて「VOCALOIDに歌わせてみた」を作ってみます。

 

第4回ではオフボ音源のインポート(読み込み)から基本的な音量調整の方法を紹介します。

 

VOCALOID5 無料体験版のダウンロードはこちらから

VOCALOID5 無料体験版のダウンロード

 

また、Windows/macごとにダウンロードしてからVOCALOID5の起動までの手順はこちらの記事にまとめております。

インストールがまだお済みでない場合は、まずこちらの記事をご参照ください。

インストール手順(Windows) インストール手順(mac)


目次

  1. オフボーカル音源のインポート
  2. VOCALOIDデータとテンポ・拍子のインポート
  3. 歪まない音量に調整しましょう
  4. VOCALOIDパートのリバーブを調整しましょう
  5. Kenの声色を調整してみましょう

1. オフボーカル音源のインポート

サンプル曲「AGAIN」のデータをダウンロードしてください。

ダウンロード

 

オフボーカル音源をVOCALOIDに取り込むことをインポートと呼びます。

VOCALOID5では、wavという形式のファイルのみ読み込みが可能です。

 

wav形式以外のカラオケ音源を使用する場合は、あらかじめwav形式に変換しておいてください。

mp3音源の場合は「mp3 wav 変換」とインターネットで検索をすることで、変換するサービスや方法を見つけることができるでしょう。

 

VOCALOIDを起動して [NEW PROJECT] から新規プロジェクトを作成します。

用意したオフボーカル音源をTRACK EDITORにドラッグ・アンド・ドロップします。

 

インポートが完了したらオーディオトラックが作成されます。

インポートしたファイルの位置が曲の先頭に来なかった場合は、パートをつかんでプロジェクトの最初に移動しましょう。

 

再生を押すとオフボーカル音源を再生できます。音が出るか確認しましょう。

2. VOCALOIDデータとテンポ・拍子のインポート

次にKenの歌唱データとテンポ・拍子の情報をインポートしましょう。

テンポは曲の速さ、拍子は曲のカウントのルールです。この2つの情報が揃っていると制作の効率が向上します。

[ファイル]メニューから[インポート]を選択します。

 

ポップアップウインドウで、VOCALOIDシーケンスファイル(VOCALOIDのファイル)を指定し、[開く]を選択します。

 

以下のダイアログが表示されますので、 [はい] を選んでください。

[はい] を選ぶことでVOCALOIDシーケンスファイルに含まれているテンポと拍子の情報を読み込むことができます。

 

インポートができました。上部のカウンターに注目して再生してみましょう。

カウンターの1、2、3、4というカウントと、曲のリズムが合っていることがおわかりいただけると思います。

※サンプル曲「AGAIN」のテンポは170、拍子は4/4拍子です。

 

[1 VOCALOID]トラックは、プロジェクト作成時に自動生成されたトラックですので今回は使用しません。

トラックを選択して[右クリック>削除]を選択して削除しましょう。

 

サンプル曲のトラックの内容は以下のようになっています。

  1. AGAIN OFF VOCAL:オフボーカル(カラオケ)音源
  2. Ken メインボーカル 編集前:メインボーカルパートのVOCALOIDデータ(調整前)
  3. Ken メインボーカル 編集済:メインボーカルパートのVOCALOIDデータ(調整後)
  4. Ken ハモリ:コーラスパートのVOCALOIDデータ(調整後)

3. 歪まない音量に調整しましょう

VOCALOIDの声とオフボーカルの音は、 [ミキサー] というセクションで音量を調整して出力されます。

音が大きすぎるとバリバリと歪んでしまい聞きにくい音になってしまいますので、各トラックの音量を調整して歪まないようにしましょう。

 

出力音量の確認はMASTERトラックで行います。

 

初期状態ではせまい表示になっていますので、縦幅を広げてみましょう。

トラックの境界にマウスをあわせるとカーソル形状が変わります。クリックしたまま下に動かすことでトラックの縦幅を広くできます。

 

MASTERトラックの左端の2本の縦棒が音量のメーターです。上に行くほど音量が大きくなります。

ただし音量が大きすぎるときは、メーターの最上部が赤く点灯します。

赤く点灯したら停止し、各トラックの音量を下げましょう。赤い表示はクリックすると消灯できます。

 

音量の調整は各トラックの[ボリュームフェーダー]を使用します。

画像で  [-2]  となっている部分がこのトラックの音量を表しています。まずはこの数値を[-6 〜 -2]くらいに設定しましょう。

スライダーをマウスでドラッグして左に動かしてみましょう。

 

オフボーカル音源の音量を下げて再生して、MASTERの赤い表示が点灯しなくなったことを確認してください。

 

使用しないトラックは[ミュート(消音)]の状態になっています。ミュートの設定は各トラックの[M]ボタンを使って設定します。

今回は、[Ken メインボーカル 編集済] と [Ken ハモり] のトラックは使わないのでミュートしましょう。

4. VOCALOIDパートのリバーブを調整しましょう

ボーカルに響きをつけてリッチにするためにリバーブをつけてみましょう。

[Ken メインボーカル 編集前] のパートをダブルクリックして [MUSICAL EDITOR] を開きます。

 

[STYLE] タブを選択し、右下の [CUSTOMIZE] を開きます。

 

詳細設定をする画面が出てきます。

下段右の [REVERB] というエフェクトを調整することでVOCALOIDの歌声に響きをつけることができます。

[REVERB] の [DRY/WET] のつまみを [30%] に設定して再生してみましょう。

 

「Ken」の歌声に響きが加わって聞きやすくなりましたね。

5. Kenの声色を調整しましょう

最後にKenの声色を調整してみましょう。

 

上段中央の [VOICE COLOR] セクションで声質の調整を行うことができます。

[CHARACTER] スライダーを上下に動かすとKenの声色が変わります。

極端な設定にして効果を確かめてみましょう。最大(上)、最小(下)に設定して聞いてください。

声色が大きく変わることがおわかりいただけると思います。

 

[CHARACTER] はお好みの値に調整してください。迷ってしまった場合は[ -10 ~ 0]くらいの設定にしてみましょう。

 

VOCALOIDでは声そのものを好みに調整することができます。曲の雰囲気にあわせて調整してみましょう。

ささやいたときのような息を足す [AIR] など他のパラメータも変更して声を聞いてみてください。

作業を取り消す アンドゥ機能(編集メニュー>もとに戻す)もありますので、積極的に試してみましょう。

 

次回はVOCALOIDの歌声を調整して表現力豊かな歌にする方法を紹介します。ぜひ次の記事もご覧ください。

 

第5回 表情豊かな歌にしてみよう