記事

【Tropical House、DanceHall-Pop等で使える】フランジャーをかけたようなボーカルをVOCALOIDで作る方法

今回使用したVOCALOIDのソフトウェア:

VOCALOID4 Editor
for Cubase

VOCALOID4 Editor for Cubase

VOCALOIDの歌声を編集するためのソフトウェア。WindowsでもMacでもご利用いただけ、VOCALOID4またはVOCALOID3の歌声ライブラリに対応しています。

製品情報を見る

VOCALOID4 Library
CYBER DIVA

VOCALOID4 Library CYBER DIVA

ベーシックな英語女性歌声ライブラリ製品です。 自然な英語の歌声素材を収録しています。

製品情報を見る

* この記事ではVOCALOID4 Editor for Cubaseを使用しましたが、 VOCALOID4 Editorでも同様に歌声の編集ができます。
* この記事ではVOCALOID4 Library CYBER DIVAを使用していますが、その他の歌声ライブラリ製品でも同様の手順で歌声を作ることができます。

歌声の作り方

準備: 基本のフレーズのダウンロードと読み込み

基本となるフレーズのVSQX(VOCALOIDのシーケンスファイル)をここからダウンロードして、VOCALOID4エディター上でインポートしてください。

基本のVSQXダウンロード

VOCALOID4 Editor for CubaseでのVSQXの読み込みと書き出し

Basic phrase demo.

* この記事で使用したVSQXファイルは、シンガーがCYBER DIVAに設定されています。お使いのパソコンにCYBER DIVAがインストールされていない場合は、VSQXファイルを読み込み後、手動で、シンガーをインストール済みの英語ライブラリに設定してください。 VOCALOID4 Editor(スタンドアロン版)でVSQXを読み込んだ際に、シンガーの切り替えについてのダイアログが表示された場合は、OKをクリックし、TRACK EDITORかMUSICAL EDITORで他の英語のシンガーに切り替えてください。
* この記事で配布しているVSQXファイルはVOCALOID4 EditorとVOCALOID4 Editor for Cubase用に制作されていますので、いずれかがインストールされたパソコン上でお使いください。 旧バージョンのVOCALOIDエディター製品やMobile VOCALOID EditorにはこのVSQXファイルで使用しているコントロールパラメーターが対応していないため、効果が反映されません。


 
 
 

Step 1: 声質を変化させる。

Step 1-1: 歌声に息の成分を加える - BREパラメータの調整

コントロールパラメータ BRE(ブレシネス)の値を3に設定し、歌声に少しだけ息の成分を混ぜます。

BRE(ブレシネス)とは?
BRE(ブレシネス)は声に混ぜる息の量を調節するコントロールパラメータです。BRE(ブレシネス)の値を上げると、息が混ざったような声のざらつきを表現することができます。

Step 1-2. 歌声を明るくする - BRI パラメータの調整

コントロールパラメータ BRI(ブライトネス)の値を73に設定し、歌声を明るくします。

BRI(ブライトネス)とは?
BRI(ブライトネス)は発音の明るさを変化させるコントロールパラメータです。BRI(ブライトネス)の値をあげると、明るく存在感のある歌声に、下げると穏やかで力を抜いたような歌声に変化させることができます。
[参考] BRI(ブライトネス)の調整


Step 1-3. 歌声をクールにする - GEN パラメータの調整

コントロールパラメータ GEN(ジェンダーファクター)の値を68に設定し、かわいさを抑えて少しクールな感じの歌声にします。

GEN(ジェンダーファクター)とは?
GEN(ジェンダーファクター) は発音のフォルマントを調節するコントロールパラメータです。GEN(ジェンダーファクター)の値を上げると男性的な太い歌声に、下げると女性的でかわいらしい・幼い歌声に変化させることができます。
(参考)GEN(ジェンダーファクター)の調整


 

Step 2: フランジャーをかけたような歌声にする

Step 2-1. トラックを複製する

Cubaseの場合は、複製したいトラックを右クリック(Macをお使いの方は[control]キーを押しながらクリック)→「トラックの複製」をクリックします。

Step 2-2. 複製したトラックの音符(ノート)をまとめて128分音符1つぶん右にずらします。

Cubaseの場合は、クオンタイズ値を1/128にセットしてイベントを右にずらします。

このStepのVSQXファイルはVOCALOID公式メルマガご購読の方にだけ配布中!

VSQXをダウンロード(メルマガ購読者限定)
 

 

応用編: DAWを使用してコーラスなどのエフェクトをかける。

Step 1〜2だけでも目的の歌声に近いものを作ることができますが、DAWのエフェクトを使用すると、さらに細かい作り込みができます。今回はCubaseのエフェクトを使用しています。

[今回使用したエフェクト]
- Chorus
- Compressor
- StudioEQ
- RoomWorks (Reverb)
- Magneto II

 

VOCALOID4 Editor
for Cubase

VOCALOID4 Editor for Cubase 製品詳細を見る

VOCALOID4 Library
CYBER DIVA

VOCALOID4 Library CYBER DIVA 製品詳細を見る

VOCALOID公式メルマガご購読の方に、この記事で作成したVSQXをプレゼント!

この記事で使用したものと同じVSQX(調整済み)は下記リンクからダウンロードできます。VSQXのダウンロードにはVOCALOID公式メルマガのご購読が必須となります。

VOCALOID公式メルマガ購読中の方
 

VOCALOID IDでログインしている状態で、下記のボタンをクリックしてください。

こちらから入手する

VOCALOID IDをお持ちでない方
VOCALOID ID登録済みでメルマガ購読がお済みではない方

次のページの手順に従って、メルマガ購読手続きをお済ませください。

メルマガ購読方法はこちら

※ VOCALOID公式メルマガのご購読にはVOCALOID ID(無料)へのご登録が必須となります。


PAGE TOP