LEARNING

使い方を学ぶ

Q VOCALOID6は単体でも使用できますか?

はい。単体で機能するスタンドアローンモードで使用できます。
一方、DAWとの同時使用においては、VST (Windows) , VST/AU(Mac)プラグインとして使用することも可能です。
なお、プラグインとスタンドアローンの同時使用は出来ません。

体験版をインストールすると、スタンドアローン版/プラグイン版の両方がインストールされますのでぜひお試しください。

VOCALOID6 無料体験版ダウンロード

Q VOCALOID3, 4, 5の歌声ライブラリ(ボイスバンク)を持っていますが、VOCALOID6で使えますか?

はい。使用可能です。

VOCALOID6では、VOCALOID3, VOCALOID4, VOCALOID5のボイスバンク(歌声ライブラリ)が使用可能です。
特別な設定も必要なく、VOCALOID6 Editor上で使用できます。

また、VOCALOID3, VOCALOID4, VOCALOID5で作成したプロジェクトファイル(VSQX, VPR)も読み込み可能です。

こちらの説明動画もご確認ください。
VOCALOID6チュートリアル2 : VOCALOID3、4、5のボイスバンクの使い方

Q VOCALOID6 Editorでバックトラック(伴奏、カラオケ)の作曲はできますか?

いいえ、できません。
VOCALOID6 EditorではVOCALOIDのボーカルトラックの作成のみが行えます。
バックトラック(伴奏、カラオケ)の作成には、DAWソフトウェア(Steinberg Cubaseシリーズ等)が必要になります。

しかしながら、VOCALOID6には「Cubase AI」というコンパクトバージョンのCubaseが付属します。
※アップグレード版は除く

VOCALOID6とCubaseAIを組み合わせることで、ボーカルからバックトラックの制作まで可能になります。
Cubase AIについて

Q オフボ音源(オフボーカル音源、カラオケ音源)の読み込みはできますか?

はい。WAV形式のファイルでしたらVOCALOID6 Editorへ直接ドラッグ&ドロップして読み込むことができます。
MP3等は直接読み込むことができませんので、WAV形式に変換してください。

こちら記事も合わせてご確認ください。
VOCALOIDで遊ぼう!「ボカロに歌わせてみた」 〜第4回 オフボ音源とボカロを合わせよう〜

Q 日本語歌手に、英語で歌わせることはできますか?

VOCALOID6では歌詞中に英語が入った場合、自動的に言語を判断して英語を歌います。
(VOCALOID:AIトラックのみ)

チュートリアル動画をご参照ください。

Q VOCALO CHANGERでVOCALOID3, 4, 5の歌声ライブラリ(ボイスバンク)が使えますか?

いいえ、使えません。
使用可能なボイスバンクは、VOCALOID6用ボイスバンクのみです。

チュートリアル動画をご参照ください。